クリニック開業までの流れ

Home ─ クリニック開業までの流れ

「理想のクリニック開業」の実現に向けて
歯科広場.comがお手伝いをいたします。

開業の流れ

クリニックを開業すると決めた後に、まず気になるのは「どのように開業に向けて進めるべきなのか?」でしょう。新規開業の場合は少なくとも開業希望時期の12カ月前ごろから動くのが理想です。

開業にあたってするべき準備や段取りはある程度は決まっています。やらなければならないことはたくさんありますが、しっかりと計画を立てて具体的なタスクから進めていけば、万全な開業ができるのです。本コンテンツでは基本的なスケジュールや、それぞれの段階で押さえておくべきポイントを解説します。

開業までのスケジュール

▶︎横にスクロールできます

開業までのスケジュール

開業12~18ヶ月前

TASK LIST

  • 開業時期の想定、決定
  • 経営理念・事業コンセプトの策定
  • 事業計画を策定

クリニック開業において最初に実施するべきは「開業時期の想定」と「経営理念・事業コンセプトの策定」とされています。また、開業時期を決めたあとは、自身のクリニックのコンセプトや特徴、経営理念を定め、それを実現するための具体的な「事業計画を策定」していきます。こうしてできた事業計画を元に、資金調達を行います。

開業7〜12ヶ月前

TASK LIST

  • 開業候補地の選定
  • 物件選定
  • 診療圏調査
  • 資金計画
  • 保健所との事前相談

経営理念・事業コンセプトを元に、事業収支計画を策定し、開業へのイメージが見えてきたら、次は「診療圏調査」などを元に開業地や物件を選定していきます。

開業6ヶ月前

TASK LIST

  • 物件決定・賃貸借契約
  • 銀行決定・融資申込

物件決定後は、内装プランの決定から工事、医療機器の納入に時間を要します。同時に、金融機関の借り入れ交渉も進めていきます。事業計画を元に借り入れ希望金額が決まったら、金融機関との借り入れ交渉をスタートします。そのため、「物件選定」および「資金調達の為の銀行決定」は、どんなに遅くとも6ヶ月前までに確定していないと、新規開業は難しいでしょう。

開業4〜6ヶ月前

TASK LIST

  • 内装工事
  • 医療機器の選定
  • 保険・損保の検討と契約

開業する物件が決まったら、次はクリニックの内装レイアウトを決定し、導入する医療機器の選定を行っていきます。内装を決定する際には、広さや動線を快適にするためにも、クリニックに導入する医療機器を選定しておく必要があります。

開業4〜6ヶ月前

TASK LIST

  • スタッフの採用
  • 集患・PR
  • クリニック開業の各種手続き
  • 医療品・材料の調達

クリニックで雇用する看護師やクラーク、技師や受付事務などのスタッフの募集および面接などを進めていきます。必要な人材や人数に応じて求人募集を行います。ハローワークや民間の求人サイト折り込みチラシなどなどを利用し募集をかけます。同時に、ホームページ作成や印刷物の企画、チラシや広告など、地域住民へのクリニックの存在を周知させる為の施策を行いましょう。

開業1ヶ月前

TASK LIST

  • スタッフ研修
  • 保健医療機関申請

スタッフはクリニックの業務を支える重要な仲間です。スタッフ研修を行わなければ、クリニック内の業務は円滑に回らなくなるでしょう。クリニック開業1ヶ月前になったら保健医療機関申請など行政的な手続きを行わなければなりません。クリニックを開業するには、保健所に「診療所開設届」を提出しましょう。また、保険診療を行うために厚生局への「保険医療機関指定申請」も必要となってきます。

CONTACT

お問い合わせはお気軽に!

歯科広場.comに掲載する企業への各種お問い合わせはこちらから